硬式野球部


【秋季水戸地区大会結果報告】
1回戦 9月12日 水戸農業 0対9 鉾田二  投手:小泉,菊池 - 山﨑洸,舛井
 ジュニア大会での悔しさを胸に挑んだ今大会。前日練習でも,課題としていた「細かな準備不足」をスタッフから指導を受けていた。やはり試合では,練習でミスをしていた部分が多く出てしまった。被安打5で9失点するという自滅。現時点では,守備率最低8割を目標としていたが,普段の練習でのシートノックでもなかなか達成することができず,不安要素をそのまま露呈してしまった。守備で我慢することができず,焦りから攻撃も雑になり,苦しい試合となってしまった。しかし,敗戦翌日の練習では,再スタートの熱い思いがグラウンドに溢れていた。真面目で一生懸命練習をする2年生。自分達の課題に逃げずに向き合って,浮上していきたい。今後も準公式戦,神無月杯と大会が続くので,悔しさをぶつけ,倍返ししたい。

ジュニア大会結果報告】
 8月15日より,茨城県高等学校野球連盟,水戸地区ジュニア大会が行われました。
・1回戦 8月16日 水戸農業 6対10 水戸工業     投手:所,菊池 - 山﨑洸

『ミスが出て初戦を落とす』
 新チームの初戦,夏の猛練習でけが人を抱える中での初戦,序盤にミスが続いてしまい5点を取られる苦しい展開であったが,このチームの良い所である諦めない精神で7回に一挙6点を奪い試合をひっくり返した。しかし,やはり大事な場面でミスが絡み再逆転を許し,初戦を落としてしまった。

敗者戦 8月22日 水戸農業 4対3 四校連合(茨城東・玉造工業・笠間・友部)  投手:東ヶ崎,菊池 - 山﨑洸
『公式戦初登板東ヶ崎ナイスピッチング』
 秋のシードを取るためには絶対に落とせないこの試合。先発には公式戦初登板の東ヶ崎が上がった。
緊張もあったと思うが,9回途中までよく投げて勝利を掴み取ることができた。

2回戦 8月23日 水戸農業 0対4 水戸啓明高校  投手:菊池,小泉,菊池,小泉 - 山﨑洸
『決定打を欠き敗退』
勝てばシードが確定する決定戦。初回に制球が定まらず2点を献上し,終始劣勢な展開となった。中盤から終盤にかけてチャンスは作ったものの,あと1本が出ず敗れた。

夏の大会から主力の3年生が抜け,まさに1からスタートすることとなった新チーム。今大会前の課題は,バッテリー力であった。失点の計算が立たずに臨んだ大会となった。しかし,大会では主戦を期待された投手でない選手が活躍し,ゲームを作った。大会前絶好調であった打線は湿りがちで,選手達には,謙虚にまた力をつける良い機会となったと捉えたい。結果を思うように残せなかった選手には奮起を期待したい。また,声を出すことの重要性も感じた大会であったと思う。高校野球で「出せ」と言われる声は,具体的には3つあると考える。①準備の声,②判断の声,③評価の声である。この3つが1つでも疎かになると,個人の力,チームの力を最大限に発揮することはできない。今大会もまさにそういった部分で悔いが残る場面があった。しかし,声を出すためには,しっかりと野球を学び,自信を持つことができなければなかなか掛けることはできない。だからこそ,ひたむきに学び,成長し,活力あるグラウンドを作っていけるよう生徒と共に練習していきたい。秋の水戸地区大会では,必ずリベンジを果たしたい。


【大会結果報告】
 7月11日より,2020年夏季茨城県高等学校野球大会が行われました。例年のような選手権大会ではないものの,多くの部活動で代替大会を実施できないような状況の中,開催して下さり,感謝の気持ちでいっぱいです。

1回戦 7月11日 水戸農業 5対1 鹿島高校     投手:小室 - 関根

2回戦 7月23日 水戸農業 12対11 水戸葵陵高校 投手:市毛,小室,飯島,小室 - 関根

3回戦 7月24日 水戸農業 1対11 日立北高校(5回C)投手:飯島,小室,市毛 - 関根

 ベスト8進出を目指し挑んだ今大会。各チーム,コロナウイルスの影響で,調整不足が心配される中,選手たちは懸命に戦いました。
 1回戦では,投手の小室が9奪三振の完投で勝利することができた。2回戦では,シード校相手に,終始劣勢に立たされながらも,3度の逆転で勝利することができました。これまでの練習試合などでは,試合終盤や劣勢に立たされた時に跳ね返す強さがなかった選手たちでありましたが,大会の中で大きく成長し,力強く,打ち負かすことができました。3年生の意地を見た試合で感動しました。
 連戦となった3回戦では,自らのミスの連発で終始苦しい展開となり,攻撃面でもミスが出てつながりに欠けてしまい,まさかのコールド負けとなりました。高校野球の楽しさや醍醐味,難しさを感じた二日間だったと思います。
 選手たちは,コロナウイルスの影響で3月からの練習試合や各種大会,活動そのものが中止となり,大きな不安な日々を過ごしました。その中で,3年間積み重ねてきたことを十分に発揮し,チームスローガンである,「熱く,激しく,泥臭く」をプレーで体現してくれました。最後に,今シーズンの野球部活動にご尽力いただきました全ての皆様,応援して下さった全ての皆様方に心から御礼申し上げます。また,引き続き水戸農業高校野球部を宜しくお願い致します。                                     水戸農業高等学校野球部監 武田

 


【甲子園塾の受講】

 11月22日~24日まで,日本高校野球連盟による若手指導者講習会,通称「甲子園塾」に,本校野球部監督の武田が参加して来ました。星稜高校総監督の山下智茂塾長,元関大北陽高校監督の新納弘治先生,夏の選手権大会優勝校である履正社高校岡田龍生監督からご指導を受けてきました。
 技術論など全ての分野で,多くの発見があり刺激を受けました。そのような中で,一番印象に残っていることは,山下塾長の「情熱はみんな満ち溢れているだろう。その中で,愛情も誰にも負けないで指導に当たっているか?」と問われたことです。改めて考えさせられる貴重な経験でした。
この研修で学んだことを生徒に還元し,共にチームの発展につなげていきます。              
                                                                                                                                                              水戸農業高等学校野球部監 武田

 
【熱く,激しく,泥臭く】

 令和元年より,新監督を迎え新生水戸農業高等学校野球部がスタートしました。県内屈指のグラウンド環境の中,チームの目的は「甲子園」,その目的に近づくために,目標を「県大会ベスト8の常連校になる。」ということに定めました。
3年生が引退し,現在2年生7名,1年生10名,2年生女子マネージャー1名,1年生マネージャー2名の計20名で活動しています。
【自覚,責任,覚悟】を一人一人が持ち,来年の夏は必ずチーム目標を達成できるように頑張ります。


平成31年度活動報告
《春季関東地区高校野球茨城県大会水戸地区予選》
1回戦   水戸農業 6×5 茨城        投手:寺門,飯田-関根
代表決定戦 水戸農業 1×8 水戸葵陵      投手:岡田,飯田,寺門-関根

《春季水郡地区大会》
1回戦   水戸農業 10×0 四校連合     投手:岡田,石田,飯島-廣瀬
準決勝   水戸農業 5×10 佐竹・太田西山  投手:岡田,飯島,飯田-廣瀬

《水戸地区水無月杯》
1回戦   水戸農業  1×11 茨城      投手:飯田-廣瀬

《第101回全国高等学校野球選手権茨城県大会》
1回戦   水戸農業  4×6  勝田工業    投手:飯田-廣瀬

《水戸地区ジュニア大会》
2回戦   水戸農業  1×3  水城      投手:小室-市毛
敗者戦   水戸農業  4×11 鉾田二     投手:小室-市毛

《秋季関東地区高校野球茨城県大会水戸地区予選》
1回戦   水戸農業  17×7 那珂      投手:石田,飯島,小室-関根
代表決定戦 水戸農業   4×6 鹿島学園    投手:小室-関根

《橋本實杯》
1回戦   水戸農業  8×11 緑岡      投手:菊池,飯島,久保田,市毛-関根
敗者戦   雨天中止

《小泉陽一杯》
予選リーグ
1試合   水戸農業   3×7 佐和      投手:小室-関根
2試合   水戸農業   11×12 多賀      投手:市毛,久保田-関根

《水戸地区1年生大会》
2回戦    水戸農業  3×8  水戸葵陵   投手:石田,小泉,菊池-山﨑洸

《秋季水郡地区大会》
1回戦    水戸農業  7×6 那珂      投手:小室-関根
準決勝    水戸農業  9対3 小瀬      投手:市毛,久保田-関根
決勝     水戸農業  7×5 佐竹・太田西山 投手:菊池,飯島,小室-関根
(☆12年ぶりの優勝)

今後はこまめに情報を発信していきたいと思います。宜しくお願いします。


 春季水郡地区大会(5月6・7日)では,準決勝で太田一高,決勝で佐竹高校を破り,優勝することができました。夏の大会に向けて,これからも応援よろしくお願いします。


・第99回全国高等学校野球選手権茨城大会結果報告

 2回戦7月13日(木) 県営球場 第2試合 水戸農 対 江戸崎総合 4-3で勝利

 
  投手:農業土木科3年 藤田 ,園芸科3年 小沼

 7回表に園芸科3年飛田の犠牲フライで同点に追いつき,8回表2死3塁から農業土木科2年小室の適時打で逆転に成功した。5回途中からリリーフした園芸科3年小沼が相手の強力打線を抑え,最終的に4-3で勝利を収めた。

 3回戦7月17日(月) 水戸市民球場 第2試合 水戸農 対 常総学院 4-7で敗北

   投手:農業土木科3年 藤田 ,園芸科3年 小沼,農業科3年 高堀

    4回表,園芸科3年山田のスクイズバントで1点を返し,5回表には園芸科2年照沼のセンター前ヒットからの3連打で満塁とし,押し出し死球で得点を追加した。前回の優勝校に対し1点差まで詰め寄り,安打数では14安打と相手を上回ったものの,残念ながら4-7で敗北した。


  3年生が引退し,現在2年生12名,1年生6名,2年生女子マネージャー3名の計21名で活動しています。応援されるチームを目指し,日々鍛錬を重ね来年の夏はぜひ今年以上の結果を残せるよう頑張ります。

 

 

住所

〒311-0114
茨城県那珂市東木倉983
TEL 029-298-6266
FAX 029-295-4780
E-mail
 koho@mito-ah.ibk.ed.jp
 
行事予定

9月の行事予定
 1日(火)第2学期始業式
実力テスト 
 2日~11日面談期間 
 5日~6日 締固め講習(E3) 
 9日(水)
ポリシー作り授業(ZM2) 
 16日(水)CYLプロジェクト(2年) 
 18日(金)第3回バイク通学許可式 
19日~21日 玉掛け講習
 21日(月)敬老の日
 22日(火)秋分の日 
 23日(水)交通安全講和(1年) 
 26日(土)数学検定 
 27日(日)情報処理検定 
 29日(火)コミュニケーションセミナー(1年) 

10月の行事予定
 2日(金)実用英語技能検定② 
 5日~7日2学期中間考査
 7日(水) 図書委員研修会① 
 8日(木)再考査
五台小稲刈り 
 9日(金)五台小稲刈り予備日
14日(水)薬物乱用防止教室
17日(土)玉掛け講習(E2希望者)
19日~30日教育実習生受入 
21日(水)原付安全運転講習 
特別時間割③④⑤⑥①②
進路ガイダンス(2年)
24日(土)玉掛け講習(E2希望者) 
27日(火)クラスマッチ 

年間の行事予定はこちらを
ご覧ください。
令和2年度行事予定.pdf

 



臨時休校等の連絡用です
QRコードを登録願います
 

外部リンク

 
COUNTER693763
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸農業高等学校